スポンサードリンク
o2sports.jpg

2009年09月23日

ウォーキングは美容と健康の為に理想的。

→  戻る
→  体の健康メニュー > 適度な運動の目次へ



ウォーキングは理想的な運動です



>> ウォーキングシューズ ランキング

美容と健康、ダイエット、アンチエイジング(老化防止)の為に
ウォーキングは理想的な運動です。
ウォーキングについて書かれたものは沢山ありますが
自分で実践して分かった大切なポイントは以下の通りです。

jogging010002.gif

1.スローな有酸素運動が脂肪を燃焼させる


 ・ウォーキングしながら
  背筋を伸ばし胸を張って歩きましょう。 
  腹部に自然な力が入ります。
  つま先で地面を蹴ってかかとから踏み下ろす要領で。
 ・一番大切なコツは
  うっすらと汗をかく様に歩き、呼吸することです。
  体がわずかに熱くなることが感じられれば
  コツをつかんだと言えます。 


2.一日30分、楽しくリズミカルに


 ・楽しくリズミカルに一寸早足で歩きましょう。
  何かいいものを見つけたら立ち止まり観察しましょう。
 ・昼休みの散歩気分で行いましょう。
  ノルマの様に考えると長続きしません。
 ・一日30分は連続でなくても構いません。
  仕事場で階段の上り降りをしたらカウントに加えましょう。

   


3.腹式呼吸を取り入れましょう。


   ウォーキングをしながら 深くて、長くて、ゆったりと、
  吐く息に力を込めた呼吸をリズミカルにします。
  複式呼吸は肩を動かさず下腹で行います。
  続きは → 腹式呼吸のコツ


4.日光浴を兼ねましょう。


   ウォーキングは日光浴を兼ねましょう。
  日光浴は一日30分以内(夏場や日射が強ければ半分)、
  腕や顔を太陽にさらす程度に行いましょう。
  ビタミンDは紫外線が皮膚に当たって出来ます。
  ビタミンDは健康な骨に必要です。
  それ以上、紫外線に当ると有害ですので気をつけましょう。
   詳細 → 肌を紫外線から守るポイント 



5.便秘の予防、解消にウォーキング


  背筋を伸ばし胸をはって歩きましょう。
 自然に腹部に力が入り、胃腸をささえる筋肉を
 刺激して鍛えます。ウォーキングしながら体をねじったり
 腹式呼吸を取り入れるとより効果的です。
 続きを読む → 腹式呼吸 

便秘そのものの予防、解消 
 続きを読む → 便秘の予防、解消


7.喉が乾いたら水分補給


   体内の水分不足は血液の流れを悪くします。
    私はウォーキングには
  必ずペットボトルを持参します。

     続きを読む → 喉が乾いたら水分補給



  muibunhokyu_66.jpg



8.休日は森林ウォーキング


 平日は近所をウォーキングするとして
  休日は森林浴を兼ねたウォーキングは
   いかがでしょう。
    森林には心を癒しリラックスさせる効果があります。
   続きを読む → 森林浴



10.寒い日は寒風ウォーキング


 低体温にならない為には
  体から熱が逃げない体質にする必要があります。  
   寒い日は運動着+αぐらい
    思い切って顔や頭は何もかぶらず
     体に寒風を当てる位のつもりで
      外に出てください。
  少し早足で歩くと体が冷え切って
   風邪をひく事はありません。
  寒風ウォーキングの後は 
   家で十分暖まってください。
  体を冷やすのと温めるのを交互に行えば
   体温を逃がさない体質にできます。    
    風邪もひきにくくなります。  




9.ウォーキングシューズ


  リズミカルに歩くため、ウォーキングに
 サンダルや下駄では不向きです。
 ウォーキングシューズにはこだわりましょう。


 
>> ウォーキングシューズ 男性用 ランキング市場

WKSHO_MEN.jpg


>> ウォーキングシューズ 女性用 ランキング市場


WKSHO_WMEN.jpg

posted by 花翠 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ウォーキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。