スポンサードリンク
o2sports.jpg

2010年08月10日

筋肉をつけてダイエット

→  戻る
→  体の健康メニュー > 適度な運動の目次へ



基礎代謝状態でエネルギー消費が最も多いのが筋肉です。


kintora.jpg


生活習慣病を引き起こす原因の一つは
 運動不足です。
  自動車やエスカレーターなど便利さと
   糖尿病の発生は深い関わりがあると
    言われています。  
   
運動不足を長く続けていると
 筋肉が落ちてきます。
  特に50歳以降は要注意です。

筋肉はカロリーをとてもよく消費します。
 忙しくてスポーツをする機会がなくても
  エレベーターに頼らず階段を使うとか
   壁に手をついて軽く腕立て伏せをしたり
    スワット運動をしたりするなどして
 筋肉が衰えない様にしましょう。
  

 十分な筋肉をつけて
  腹式呼吸やウォーキング、
   ジョギングなどの
   有酸素運動ができていれば
    体が燃焼系体質となって 
     ダイエットに効果的です。

jogging010002.gif

balance6-thumbnail2.gif


 
   


posted by 花翠 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 筋肉トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

ダイエットに効果的な筋肉トレーニング

→  戻る
→  体の健康メニュー > 適度な運動の目次へ



基礎代謝状態でエネルギー消費が最も多いのが筋肉です。


kintora.jpg


筋肉を増やす


基礎代謝状態でエネルギー消費が最も多いのが筋肉です。

筋肉量を増やせばエネルギー消費量も多くなります。

筋肉量を増やす運動といえば

 ダンベルとかウェィトリフティングなどを思いつきますが

いきなりハードに筋肉を酷使しますと
 筋肉痛を起こします。

目的は筋肉を強化するのではなく
 エネルギーの適度な消費であれば
  階段をゆっくり登る、ちょっと離れたところまで歩くなど
   日常生活でできる筋肉トレがお勧めです。

いずれにしても
 筋肉トレーニングは
  十分な準備運動をした上で行いましょう。



筋肉トレはダイエットに効果あり


 エネルギー消費量 > 食べた物のカロリー
  であれば肥満を回避できますが

   筋肉は最もエネルギーを良く消費します。
 
  >> 筋肉をつけてダイエット  



balance6-thumbnail2.gif



基礎代謝BM(basal metabolism)とは


 基礎代謝状態とは
  気温20℃で
   体を横たえて全く運動していないときに
    呼吸、心臓の動き、体温維持など
     生きてゆくのに最低限必要なエネルギー量です。


kauchipoteto.gif





posted by 花翠 at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 筋肉トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。